2017年2月6日月曜日

ノンフィクション『福島の花さかじいさん』が出ます

ノンフィクション『福島の花さかじいさん~阿部一郎 開墾した山を花見山公園に~』が佼成出版社から出版されます。福島市にある花見山公園は桃源郷とも呼ばれ、シーズンには二、三十万人もが訪れる花の名所ですが、実は花卉農家の花木の畑です。これを作り上げ、無料開放している阿部家の三代のお話を書きました。どうぞよろしくお願いします。

故・阿部一郎さんにインタビューさせていただいたのは、2012年の夏でした。子どものころのこと、戦争中のこと、花見山開墾のご苦労、なぜ無料開放されているのか、などを聞かせていただきました。その後、本にすることができないでいるうちに、阿部一郎さんも亡くなり、何か申し訳ない気持ちでした。
でもその後幸いなことに、本にしてくださる出版社がみつかり、阿部家に取材もでき、資料も貸していただいて、また花案内人というボランティアの方々やその他たくさんの方々のご協力を得られたおかげで、花見山白書ともいえるぐらいの充実した本になったと思います。どうぞ、花見山を知らなかった方は知るために、知っていたよという方もそうそうそうだったよね、と確認していただくために、読んでください!

なお阿部家が無料開放されておられるお気持ちを尊重して、今回、この本につきましては著者分の印税を全額、東日本大震災被災者及び花見山環境整備(*)のために寄付させていただきます。(*花見山公園自体のためではなく、近辺の交通整理などのためです)



2017年2月1日水曜日

雑誌『児童文芸』の連載「衣川」始まりました

雑誌『児童文芸』に2017年2・3月号より、連載をさせていただくことになりました。第一回が出ています。「衣川 十二歳の刺客」という歴史ものです。平安末期、奥州平泉のお話です。どうぞよろしくお願いします。


2017年1月12日木曜日

こひつじ文庫

練馬区石神井台にある個人の子ども文庫「こひつじ文庫」さんhttp://www.kohitsuji.sakura.ne.jp/ 
におじゃましてきました。すごくたくさんある本にびっくり。

西裕子さんという方が、最初お手持ちの2500冊の本を元にご自宅の一室を開放なさって、お仲間と共に、2003年に始められたものだそうです。とにかく最初に2500冊をお持ちだったということが、もう驚異的。今は、その後いろいろな助成なども受けられて、もっともっと増えていらして、室内はこんな感じ。






まだまだ収まらず、季節の行事などに合わせて、入れ替えておられるそうです。絵本はひょっとしたら図書館より多いかも。それよりなにより図書館などでは、良書であっても閲覧数の少ない古い本は、書庫請求しないと出てこないことが多く、たとえば文庫が出たらハードカバーは書庫に入ってしまうということがありますが、ここではそんなことはなくて元々の本がちゃんとあり、子どもさんがたは、実物を見て手に取って確かめ、「これ借りる~」と持って行かれます。

水曜日に開室されるのですが、その際には、元は小学校の先生でいらした西さんによる、絶妙なおはなし会が、小さい子向け、小学校向けと2回あります。写真上の奥にある赤い箱は、ろうそく。ろうそくのついている間は、すわっておとなしくしていなければなりません。おにいちゃんおねえちゃんにつきあって来たあかちゃんも、おとなしくしています。

とってもアットホームな感じです。幼稚園のお子さんも、お友だちが読んだ本を、次は私と借りてゆかれます。おかあさん方も、自転車に二人のお子さんを乗せた上に、十冊ぐらいの本を積んで帰られるのは大変でしょうけれど、がんばって来られています。すごいなと思いました。

東京都練馬区の石神井公園の近くです。お近くの方はぜひぜひ。


2016年12月20日火曜日

「小説 小学生のヒミツ 片思い」本日発売です

私がノベライズしました『小説 小学生のヒミツ 片思い』(講談社KK文庫)が、本日発売です。小説としては5巻目にあたる今回は、サッカー少年にサッカー少女が恋をするお話です。それも相当なサッカー少年で、無理な恋愛に、今回もキュンキュンです。どうぞよろしくお願いします。




2016年12月19日月曜日

「フラフラデイズ」が佐賀県新春読書感想文の課題図書に

拙作「フラフラデイズ」(文研出版)が、第52回佐賀県新春読書感想文の課題図書になっていました。

昨年の本ですが、光を当てていただいてうれしいです。

フラフラデイズは、主人公の小学五年生の男の子が、フラダンスに夢中のおばあちゃんに連れてゆかれたハワイで、迷子になる話ですが、ハワイの歴史、移民と異文化ということなどにも触れています。おもしろくてやがて……ということを目指した私にとっても、好きなお話です。

九州からはたくさんの方がハワイに行っていました。うちのね、ひいおじいさんのおじさんがね、なんてお話が、読まれた子どもさんのご家庭でされれば、さらにうれしいかなと思います。

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00351491/3_51491_25000_up_8eua0e5e.pdf