2017年7月18日火曜日

2017年季節風大会

2017年の季節風大会で、後藤耕さんとごいっしょに、ファンタジー分科会の世話人をやります。どうぞよろしく。
今年は申し込み方法が変わって、第一次申し込み期間(7/19~7/29) に第三希望まで申し込めて、抽選で決まるようになっています。また、場所も代々木の国立オリンピック記念青少年センターです。宿泊棟(または東京のホテル)の申し込みは、分科会が決まっていなくても、早めにされたほうがいいと思います。
http://www.kisetsufu.net/tai17pre.html

ファンタジー分科会のよびかけ文はこんなものです。
どうぞよろしく!

*************

ファンタジー分科会にも行ってみたいんだけど、ファンタジーを書いたことがないから、というお話をよくうかがいます。
ファンタジーとは、何でしょうか。不思議なことが起きればファンタジーでしょうか。読み手に前向きな夢を与えるのがファンタジーでしょうか。
でも、と思うのです。不思議なことは、日常生活でも起きますし、夢には悪夢だってあるでしょう。
文学は、私たちがあたりまえだと思っていることを、設定をずらすことによって、実はあたりまえでないということをあぶり出します。
その設定が、お化けであれば怪談になりますし、未来であればSFになりますし、過去であれば歴史ものです。主人公の心の中の思い込みであったり、人との出会いや事件であったりすればリアリズムになります。
あぶり出すことによって描くものが、たとえば人間の本質という同じものだとしても、書き手にはそれぞれ得意とする設定があるものなのですけれど、でも、待って! 惰性でそれを決めちゃっていませんか?
今年、ちょっとそれを破ってみませんか? ファンタジー分科会に参加する多彩な作品を読み、話し合うことで。
破ることによって、あなたの書き手としての可能性が広がるかもしれません。
お持ちになる参加作品のほうは、ジャンルを問いません。リアリズムでも怪談でも、歴史ものでも、SFでも、ミステリーでも何でもけっこうです。
一歩踏み出す勇気(?)を、お待ちしております。

2017年7月16日日曜日

神楽坂プリュスの販売会

『福島の花さかじいさん』で、花見山の写真を貸してくださった福島市の第一印刷さんが、神楽坂プリュス(新宿区神楽坂6-58)で、販売会のディスプレイを担当されているということで、伺ってきました。

神楽坂のメインの通りの小僧寿司の向かいあたりです。地下鉄東西線神楽坂駅からも近いです。




いろいろな産直品のブースの並ぶ中、第一印刷さんのブースでは、会津木綿柄や、喜多方の染め型紙柄のノートや折り紙、東北各地のこけし柄のグッズなどが並んでいました。




私も会津木綿柄と喜多方染め型紙柄のノートと一筆箋を買いました。これ色がきれいで、書きやすいんです。

今月いっぱい(2017年7月31日まで)ということです。

2017年7月10日月曜日

いとうみく講演会

ジュンク堂池袋店であったいとうみくさんの講演会に行ってきました。

『カーネーション』(くもん出版)の出版記念で、この作品を書くきっかけになったできごとや、どういう風に作品ができていったかなど、お話を伺ってきました。人柄もよくて、売れっ子で、課題図書・各種賞クイーンになったみくさんの講演会、たくさんのお客さんと編集者さんとお友だちがおいでになっておられました。

サインももらいましたよ~~。骨太だよね。「みくさんの書かれる主人公で誰が一番自分に似ていると思いますか」とどなたかが質問しておられましたが、みくさんのお返事はどれも分身ということでした。でも私はね、一番みくさんに近いのは『チキン!』のあの女の子だと思いますよ~~「貼ったの」っていうあの子ですね。


『カーネーション』は、母に好かれなかった女の子の話です。「家族を描くならここまで書きなさい…と、いとうみくにガツンとしかられた気がする」という安東みきえさんの帯がついています。安東さんにそんなこと言ってもらえるなんて、うらやましい~~
ほんと、ここまで書く、というのがみくさんのすごいところですね。みくさんはたぶん母に好かれなかった女の子ではなかったはずですが、そこは想像力で「なりきって」「入れ込んで」こなしてしまわれます。既にもう月刊いとうみく状態ですが、まだまだ進化しそう。ますますのご健筆を!! 



2017年7月7日金曜日

「小説小学生のヒミツ」シリーズ完結です

「小説 小学生のヒミツ」シリーズ(講談社KK文庫)完結です。
今回の『小説 小学生のヒミツ 教室』で、7巻目になります。
見本が来ました。


私なりにけっこうがんばって走ったかなという感じです。この七巻目は、ちょうど『なみきビブリオバトル・ストーリー』の私のターン(笑)と重なりそうだったのですが、なんとかうまく行きました。

漫画ノベライズですが、漫画には漫画の文法があり、漫画で読めば十分にわかるものであっても、そのまま文章にしてもわかりませんので、どこを加えてどこを切ってどこをふくらますかということで、ドラマツルギーや、漫画と小説の違いというのを勉強させていただきました。

かわいいファンレターもいただきました。

関係のみなさま、お世話になりました!

と申しましても、まだ各巻、順次増刷していただいているところですので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

2017年7月4日火曜日

「ん ひらがな 大へんしん!」松本聰美

書名:ん ひらがな 大へんしん!
著者名:松本聰美
出版社:汐文社
好きな場所:「いまから、いっしょに んどうかいにいきましょん。ぼくたち んの んどうかいですん」
「んの んどうかい?」
「そうですん。きっと んが すきに なりますん」
所在ページ:p8
ひとこと:『なみきビブリオバトル・ストーリー』でご一緒した松本聰美さんの新刊です。
 以前、毎日小学生新聞に連載されていたお話です。

「ん」の字をおねえちゃんにミミズみたいって笑われたことのある、なっちゃんは、「ん」の字が嫌いです。しかし、ある日ろうかで、「ん」に会って、「んどうかい」にさそわれます。さあ、どうなるでしょうか。
 このんの「いきましょん」という語調がとってもかわいいです。
 んの字がつかないとんどうかいには入れないのですが、なっちゃんは、本名のなつきと言わずになっちゃんと言って合格したりするのが、ユーモアがあってすてきです。
 字を書き始めのお子さんたちが、喜んでノートにんどうかいを描くのではないかと思ってにやにやしてしまうようなご本です。


 

2017年6月23日金曜日

「なみきビブリオバトル・ストーリー 本と4人の深呼吸」さ・え・ら書房

『なみきビブリオバトル・ストーリー 本と4人の深呼吸』(さ・え・ら書房)の見本が来ました。発売は2017年6月26日です。


この本の主人公は4人ですが、私ども著者も4人です。(赤羽じゅんこ、松本聰美、おおぎやなぎちか、森川成美)

昨年の秋、偶然に集まった児童文学作家4人が、いっしょに本を書こうよということになりました。それも、図書館で行われる知的書評合戦ビブリオバトルに小学生が参加するという物語をです。

通常、複数の作家によるアンソロジーは、依頼か公募かにより、テーマに沿って作家がそれぞれ考えた作品を書いて提出し、それを合わせて一冊の本にするのです。
しかし、今回は違いました。
私たちは、膝をつき合わせて、それぞれの描く主人公の年齢、性別、名前、性格を決め、そしてそれぞれの主人公がビブリオバトルに参加する動機を決め、ビブリオバトルが行われる場所である図書館を決め、その図書館のある町を決め……ということで設定をすべて話し合って始めたのです。
もちろんいろいろ齟齬はありました。ある方は、町の大通りの並木はけやきがいいと言い、ある方はいや、並木はいちょうがベストで他は考えられないと言い、そんなこんなで一事が万事ですが、細かいことでありますけれど考えの違いがありました。場合によってはずっと平行線でまとまらないというリスクもあったところ、お互いがいわば耐えがたきを耐えて(笑)、お互いにとって一番だいじなことは何かを考えて妥協し、一つの物語をつくりあげたのです。

ただ一つ当初から決めていたものは「ビブリオバトル」それだけでした。
ビブリオバトルというのは、2007年に京都大学の研究室で谷口忠大さんが始められたゲームです。本というものは、内容がわからなければ読みにくいものです。しかし、ただの読書会や内容紹介では、読む気になりません。そこで、一種のルールにしたがったゲームとして書評合戦を行うということで、読む気をブーストし、かつ互いのコミュニケーションを深めるという試みで、ビブリオバトル普及委員会を中心に、最近広まってきています。

私どもは著者のお一人である赤羽じゅんこさんのお宅に、このビブリオバトル普及委員会の粕谷亮美さんにおいでいただいて、レクチャーを受け、またそれぞれが、実際に各地のビブリオバトルに参加したり、お互いが主人公になりきってお互いの間でビブリオバトルを行ったりして、物語を練り上げました。

とてもおもしろい物語になったと思います。またビブリオバトル普及委員会や、谷口さんにも読んでいただきご了解を得ることもできました。

4人の五年生がビブリオバトルに初挑戦するお話です。
私は勅使河原陸というちょっと太めでシャイな男の子を書いています。陸は、修という男の子と、ある理由でけんかしています。修はとっても社交的な子で陸とけんかしたことすら忘れているのですが、陸は修がどうして許せない。それで、修にある本を読んでもらいたいと思うのですが……。

どうぞお読みいただければ、そしてたくさんの小学生が陸たちのようにビブリオバトルに挑戦していただければうれしいです。

どうぞよろしくお願いします。

2017年6月9日金曜日

「ワニと猫とかっぱそれから……」花編

書名:ワニと猫とかっぱそれから……
著者名:花
出版社:神戸新聞総合出版センター
好きな場所1:休みなんかいりません。今日をかぎりに、をやめさせてください。(P62 「んの反乱」森くま堂)
好きな場所2:ここに両親と住んでいたんです。けれど、二十二年前の地しんで母がぎせいになったんです。(p170 「そばにいるよ」うたかいずみ)

ひとこと:関西の児童文学同人の会「花」が創立二十五周年を記念して、アンソロジーを出版されました。
 引用のように阪神淡路大震災から二十二年も経つのですね。「花」の同人の方もお一人亡くなったと伺っています。きっとみなさんそのことを忘れないで、書き続けられてこられたのでしょう。
 アンソロジーを作るのはなかなか大変で、書き手には書き手なりに自分の経験や好みからくるそれぞれの意見がありますから、まとめるのはご苦労だったこととお察しします。でもできたらうれしいですよね。おめでとうございました!
 これからもますますのご健筆をお祈りします。

内容は
「すて猫 反対!」 かねこかずこ
「ワッチョ」なかはらなおこ
「まぼろしの花「シチダンカ」」石垣文子
の反乱」森くま堂
「ムカシトンボの谷」滝まゆ美
「蛸」香山悦子
「かっぱのプポ」エイ子ワダ
「ハロウィーンナイト」工藤葉子
「ぼくのおかあさんは魔女です」西村さとみ
「雪だるまとくらす方法」岡村佳奈
「そばにいるよ」うたかいずみ