2016年9月13日火曜日

「まんぷく寺でまってます」高田由紀子

書名: 『まんぷく寺でまってます』
著者名:高田由紀子
出版社:ポプラ社
好きな場所:外のおさいせん箱に入っていたおさいせんを、あらってピカピカにするのか?
本堂のろうかの床みがきか?
一番サイアクなのは、お墓にそなえられた花のあとしまつ。
(たのむ! それだけはやめて!)
「お墓の花がしおれてきちゃったから、かたづけてあげてね」
 母ちゃんが、にっこりわらった。
所在ページ:P45
ひとこと:高田由紀子さんのデビュー作です、おめでとうございます!!

 主人公の祐輔は、四年生、家は佐渡の金山のふもとにある古いお寺です。お寺の子には、いろいろ困ったことがあります。
 自分の名前ではなくお寺の名前「まんぷく」と友達に呼ばれること。
 おぼうさんになるのための子どもの勉強会に行くために頭を剃られたこと(行ってみたら半分ぐらいは剃っていなかった)。
 みんな下町に住んでいるのに、自分だけ三キロも山の奥のお寺に住んでいてだれも遊びに来てくれないこと。
 お経を覚えなければならないこと。
 引用のような、お手伝いをしなければならないこと。
 そして何より、困ったことは、祐輔は本当は漫画家になりたいのに、みんなは当然のようにお寺のあととりになるものだと思っていることです。
 祐輔は、お経の本にパラパラ漫画を書いたり、檀家さんたちの前で「マンガ家になりたいんです」と言ってしまったりします。おとうさんは怒るのですが、おじいちゃんは怒らずに、自分が小さい時から使っているお経の本をくれるのです。そして、祐輔は、クラスの美雪のおとうさんのことをきっかけに、お寺の役割はなにかと考えはじめるのでした。

 伝統を継ぐのは大変なことだと思います。たいてい反抗して、そのあと考え直したりするのですが、この主人公祐輔君の場合は、その流れがとっても自然です。作者高田さんのあたたかいお人柄のなせるわざだと思います。そして、祐輔君がんばれと言いたくなります。

 それにしても佐渡の金山のふもとにあるこのお寺とそこに暮らす祐輔君一家の描写がとってもリアルです。ああ、お寺の子どもさんには、こんな苦労があるんだなあと思います。お経を覚えようとしてもなかなか覚えられないで、下校中にぶつぶつつぶやくところなんてすごくかわいそう(ですがかわいい)。でも、おじいちゃんもおとうさんも、同じように小さい時から、真剣にその仕事に取り組んでいて、その姿が祐輔君の心を動かしたのだということがよくわかって、読者はじーんとするのです。

 すてきな本、ご上梓おめでとうございました!!
 

2016年9月11日日曜日

「釣りに行こう」高橋秀雄

書名:釣りに行こう
著者名:高橋秀雄
出版社:文研出版
好きな場所:頭に浮かんだのは、じいちゃん。いつもいばっているし、怖いからあまり近くに寄らないけど、こづかいだけはくれる。いつだって期待していないときにくれる。春休みに入ったときとか、五月の連休の真ん中の日などに。
所在ページ:P14
ひとこと:季節風の事務局長、高橋秀雄さんの新作です。題名のとおり釣りのお話。高橋さんは釣りの大好きな方で、いつでも頭の半分には釣りのことがあるのではないかと思うぐらいです。あとの半分は児童文学。なので、この本は高橋さんそのもの、という感じがします。
 引用のおじいちゃんは、ほんと高橋さんみたい。いえ、怖くないですけど、あ、怒ったら怖いかな? まだ私はラッキーなことに怒られたことはありませんが(森川さんのほうが怒ったら怖いと言われそうだ 笑)。
 このおじいちゃん、いばっているとお孫さんには言われていますが、ちゃんとボランティアもされていて学童クラブでサンタクロースの役をしたりする方。腰の悪い釣り好きな野沢さんを背負って釣りにつれて行ったりします。そんないい人のところも高橋さんそっくりです。

 主人公の佑太は、いとこの亮太さんといっしょに釣りに行ったことをきっかけに、なんとか釣りをしようと考えます。釣りにはわからないこともあるし、いろいろお金もかかるし……というわけで友だちのテツを巻き込んだり、ついにはじいちゃんを引っ張り出します。じいちゃんは、釣り仲間の野沢さんがけがして行けなくなるまでは、釣りをしていたのですが、最近はやっていません。でも佑太に刺激されて、釣具屋に行き、竿を買ってくれるのでした。そして、クラスで美人のまゆみちゃんも行きたいと言うことになり……。

 ほんと、男子も女子も、これを読んだら、釣りに行きたくなることと思います。でも川には禁漁期間もあるんだよね。読んだ子はそれもちゃんとわかります(笑)
 

2016年8月31日水曜日

「ゆず先生は忘れない」白矢三恵

書名:ゆず先生は忘れない
著者名:白矢三恵
出版社:くもん出版
好きな場所:「どうして、お父さんの携帯電話に電話しなかったんですか?」
 すると後ろのほうからも声が聞こえた。
「そうだよ。携帯電話に電話をかけて聞いたらよかったんじゃん」
「ゆず先生。お父さんの携帯番号しらなかったんですか?」
 だれかの質問に、ゆず先生はくちびるを曲げる。
「ざんねんながら、先生のお父さんは携帯電話を持ってなかった。先生のお父さんだけじゃないぞ。当時は持っている人のほうが少なかったくらいだ」
所在ページ:p32
ひとこと:阪神淡路大震災から二十年もたったのですね。あのころ私は、西宮から引っ越して東京に来たばかりでした。いつも見慣れた町がめちゃくちゃになったのをテレビで見てびっくりし、知り合いの方々や保育園、学童、学校の先生はどうなさったんだろうと、家の中でただうろうろしました。親しくしてくださっていた近所の方に思い切って電話したら「ええー、よく通じましたね。電話ぜんぜん通じないんですよー」とびっくりされていたのに、親戚でもないのにかけちゃって申し訳なかったと思ったことを思い出します。
 たしかにそのころ携帯なんかなくって、今みたいにみんながメルアドを持ってるわけでもなくて、被災地では臨時に設置された公衆電話に並んでいたのでした。いざというときのために十円玉を貯めておくといいよ、という話もありました。
 そのとき、東京のほうではたしかに大変ねーとみんな言っていたしPTAで募金もしていたけれど、おろおろしていたのは、関西出身の人や、私のように前に住んでいた人だけでしたので、何か温度差を感じたのでしたけれど。それでもおろおろしているだけで被災した方々に比べれば人ごとにちがいない、申し訳ないような、何も出来ないような。そのギャップに矛盾も感じていました。

 この本は、おじいさんが阪神淡路大震災で被災したゆず先生が、そのことを今の時代のクラスの子に話すという構成でできています。
 ゆず先生の子どものころの話と、引用のように、それを今の子が聞いてどう思ったか、という話が交差しながら進みます。
 前にもこのブログで書いたように思いますが、今は本当に生活が変わってしまいましたので、子どもさんがたに昔の話をすることは難しいです。携帯電話ひとつとっても、二十年前とは変わっているのですね。

 『ぼくの一番星』(岩崎書店)でデビューされた白矢さんの二冊目の本です。白矢さんは、ご両親が神戸で被災されて、交通の寸断された中を神戸までかけつけられたという経験をお持ちです。あのころ本当にみなさんが、車で、それからリュックをかついで阪急電車の軌道を歩かれたことを思い出します。そのご経験がこの本によって、今の子どもさんがたに伝わりますように。
 
 
 

2016年8月25日木曜日

佐々木ひとみさん原作の『ゆずの葉ゆれて』を有楽町スバル座で見てきました! 『ぼくとあいつのラストラン』(ポプラ社)は初めて出版お祝い会にも出させていただいて、あのころの私は季節風に載ったひとみさんの文章をラインマーカー引きながら読んでいて、スカイエマさんに自分が絵を描いていただくことがあるなんて思いもしなかったけど、あのソファーのシーンが目に焼き付いている思い出の本。それが映像化されるなんてすごいです。

元々のお話はひとみさんの故郷が舞台だと思うのですが、今回の映画の舞台は鹿児島県の喜入。鹿児島空港や、桜島、海に沈む夕日を含むすてきな鹿児島の風景が見られて、鹿児島弁が聞けて、季節風の風馬さんのお作品で読んだことのある「たのかんさー」も映っていて、おそらくはもうなくなっちゃった風習(うちのほうではもう農家の方もみんな葬祭場でやる)自宅でのお葬式のシーンがあって、そしてあの歌は何でしょう、薩摩伝統の祝い歌?駅伝優勝の祝勝会で歌われるのが、明治維新を思ってじーんとくるような、ぱんぱん飛びまくるトンボにああそうだよなあと。ほんとすてきな映画でした。

2016年8月8日月曜日

「小説 小学生のヒミツ ともだち」発売しました

『小説 小学生のヒミツ ともだち』出ています。今回は原作の『放課後』巻にあるエピソードも加えた短編三話仕立てです。


http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784061995840